アルバイト情報サイトランキングNo.1*1

「バイトル」はテレビCMなどの積極的なプロモーション活動で認知度もバツグン!応募数・掲載件数・メディア売上、いずれも年々大幅アップしています!バイトルを利用するユーザーは24歳以下が5割以上と高校生・学生を中心に若年層に支持されています。また、WEB広告やSEO施策により学生層だけでなく、フリーター・主婦(夫)・パート・社員などの各属性からの応募も好調です!
Gomezアルバイト情報サイトランキング(2015年8月)

スグに掲載がスタートできます!

「急にスタッフが辞めてしまった」「他の媒体での掲載が間に合わなかった」こんな時でもバイトルなら大丈夫!最短で翌日から掲載スタートが可能です*2!また、ご掲載期間中ならお給料やキャッチコピーなど原稿内容の修正も無料で何度でも行えます!使い勝手の良さもバイトルの魅力の一つです。
以前弊社にてバイトルへのご掲載があり、原稿のご用意がある場合に限ります。
  また、事業内容や職種などによって、事前の掲載審査がある場合や掲載をお断りする場合もございます。あらかじめご了承ください。

「しごと体験」・「職場見学」はバイトルだけ♪

「自分に合った仕事か不安で応募できない…。」応募する前に躊躇してやめてしまった。という経験をもつユーザーはなんと73%*3!そこでバイトルは仕事を体験・見学してもらうことで、今まで応募をためらっていたユーザーがもっと気軽に応募ができる機能を搭載!ユーザーの人柄や仕事への適性もわかるので、本採用後のマッチングの向上にも繋がります
バイトル調べ

バイトルならではの機能も!

バイトルの原稿はご掲載のプランに関係なく全て同じ文字量で作成が可能!予算に関係なく、仕事内容や待遇などを十分に表現することができます。また、全原稿に無料で動画が付けられるので、職場や仕事風景・スタッフの雰囲気・メッセージなど動画だから伝わる魅力もアピールできます。電話不通時のSMS通知や効果の分析レポートなど、掲載してからの機能も充実しています!

オプション商品も充実!

バイトル会員へメールで直接アプローチができる「スカウトメール」や勤務地以外のエリア・沿線にも仕事情報が訴求できる「エリアリスティング」「沿線リスティング」などオプション商品も充実!採用規模やニーズに合わせて自由に組み合わせてご掲載できます。原稿の掲載順位を含めて、最適な掲載プラン・オプションをご提案させていただきます。
ユーザープロフィール
年齢
応募者性別割合
※2017年バイトル応募者データより
よくある質問
  • Q.動画の撮影・編集はどうすればよいですか?
    撮影いただいた動画をお送りいただければ弊社にてBGMやキャプションを付けるなどの編集を行います。また、首都圏エリアのお客様であれば、弊社スタッフが直接動画や写真撮影にお伺いすることも可能です。お問い合わせの際にお気軽にご相談ください。
  • Q.土日も掲載できますか?
    バイトルは基本的に毎日原稿の掲載開始・修正が可能です。しかし、土日のご掲載に関しては〆切が金曜日(祝日の場合は前営業日)となっておりますのでご注意ください。また、始めてバイトルにご掲載いただく場合などは掲載までにお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。
  • Q.原稿の修正は自分でできますか?
    ご掲載中のバイトルの原稿の修正は弊社にて行います。修正内容を弊社の営業担当までお申し付けください。修正した内容のサイトへの反映はお時間をいただく場合もございますので予めご了承ください。
  • Q.1つの原稿でいくつの職種・勤務地が掲載できますか?
    「バイトル」の原稿は1勤務地・3職種までご掲載が可能です。掲載中に職種の変更などの修正も可能なので、充足状況に応じて原稿の見直しも可能です。勤務地の修正に関しては、ご掲載いただいたエリアに応じて変更できない場合もございます。修正をご希望の際はお気軽にご相談ください。
  • Q.お得に掲載できるキャンペーンなどはありますか?
    初めてバイトルにご掲載いただくお客様限定のキャンペーンや、期間限定のキャンペーンなど様々なキャンペーンがございます。ご利用に際してはキャンペーンの適用規定などもございますのでお問合せの際にお気軽にご相談ください。

チェーン店なので原稿の表現だけでは他の店舗との差別化が難しかったです。でも、明るいスタッフが自慢だったのでバイトルの動画に出てもらってうちの色を前面に表現してみました!結果、他の媒体で掲載した時よりも多くの応募がありました!高校生など若い子が多かったのも印象的です。

ホールスタッフの募集で掲載していたのですが、途中でキッチンスタッフの子も急遽辞めることに…。掲載途中でも原稿の修正ができるとのことだったので、途中からホールとキッチンの募集へ切り替えました。キャッチコピーや仕事内容などもしっかり見直してくれたので途中からの掲載だったにも関わらず、ホール・キッチン両方とも採用することができました。

専門のコンサルタントが
なんでもお答えいたします。
まずはお気軽にお問合せ下さい!